新学期に向けて春休みに苦手を克服しよう!政府公認タブレット学習

新学期前の春休みに苦手科目を克服しよう!政府公認タブレット学習

4月から新学年・新学期が始まりますが、勉強を苦手と感じているお子さんは不安ですよね。
3月〜春休みの間にできるだけ苦手を克服することをおすすめします。

苦手教科を克服する

 

苦手を克服するのにおすすめの教材が「すらら」。
すららは、ネットにつなげるPCやタブレットで学習できるeラーニング。
すきま時間や移動の電車でも勉強できるので、お手軽です。

 

さらに、政府がこのeラーニング=「タブレット端末で学習できるデジタル教科書」を正式な教科書と位置づける事を決定したのです。
すららの学習形態が国のお墨付き、と言っても過言ではないですね。

 

すららが苦手を克服するのに効果的な理由

すららで苦手科目や苦手な項目を克服するために学習コースや工夫があります。

 

ニガテな単元だけを勉強する「重点学習コース」

「学力診断テスト」を活用し、苦手分野を特定し、どんな風に勉強していけば穴を埋められるかを知って学習を進められます。

 

すららコーチの学習サポート

個別指導

 

現役の塾講師であるすららコーチが、まるで個別指導をしてくれるかのようにきめ細かいサポートをしてくれます。

 

戻り学習や先取り学習も思いのまま!

教科によって進度が違う場合も、お子さんの実学年よりも前の学習や先の学習をすることができるのがタブレット学習。

 

通常学習の3分の1の時間で完了!

通常、中学3年間の3教科(国語、数学、英語)の基礎学力習得には1,190時間が必要ですが、すららでは365時間で完了します。
すららはアニメーションを使った分かりやすい授業で、丁寧に解説。学校の授業内容を覚えていなくても大丈夫なのです。
苦手教科や苦手科目がある子には、この学習時間の短さが取り組みやすくおすすめなのです。

 

タブレット

すららのようなタブレット学習は、紙を上回る効果を期待できる学習方法として注目を集めています。
学校教育法改正案で、政府がタブレット端末などで利用できる「デジタル教科書」を正式な教科書と位置づけました。
(2018年2月)

 

これにより学校教育で変わることをお伝えします。

 

現行法⇒授業で紙の教科書を使用しなければならないと定めており、デジタル版は副教材扱いとなっている。

 

改正法⇒デジタル教科書を正式な教科書と位置づけ、使用の前提となるタブレット端末の普及や校内での無線LANの整備も進める方針。

 

苦手科目や苦手項目がある子供にすららをオススメします!

 


★すららには人工知能(AI)が入っていて、子供の理解度に合わせて難易度を調整してくれる!そして、間違ったところは自動的に何度も反復練習できます。
★出来たところは「がんばったね!」など褒めてくれるので子どももやる気が続く!

 

★すららの反復練習をすることで、様々な形の記憶法で脳のワーキングメモリーに働きかけ記憶を定着させる!
記憶力が弱いと嘆いている保護者の方、安心してください。

 

★通常の学習時間の3分の1で中学3年間の学習が終わるeラーニングシステム!

 

 

【あみ先生のひとこと】
すららは、勉強に苦手意識を持っている子にも取り組みやすいように工夫されているeラーニングシステムです。

 

『無学年方式』でつまづいたところまで戻って勉強ができるので、勉強が続きます。
一般の塾や教材は学年相当の勉強しか選択できないので、分からないことがあると先に進むとますます分からなくなります。

 

「できた!」と実感できる、つまづきのないスモールステップを採用。
少しずつ自信を付けていけるから勉強が楽しくなります。


 

すららを無料で体験してみる


入会金1万円が無料キャンペーンになるのは、2018年4月1日(日)〜4月30日(月)まで

 

中学生が苦手になりやすい文法をすららで体験してみた

私が塾で教えてきた中学生の生徒さん(英語が苦手な高校生にも当てはまりますが)が苦手な文法の1つ、文型をすららで体験してみました。
文型では第1文型でつまづいて、分からないと感じる子が多いようです。

 

すららでは、第1文型、第2文型などと言わず、一般動詞の文 タイプ1、一般動詞の文 タイプ2という呼び方で教えています。
文型の名前はともかく、内容がわかれば良いのですからそれで良いと思います。

 

まず

 

  • 一般動詞の文 タイプ1(第1文型):主語+動詞(S+V)
  •  

  • 一般動詞の文 タイプ2(第2文型):主語+動詞+目的語(S+V+O)

だと習います。

 

すららではタイプ1の文型で下記のような英文が出てきます。
The sun shines.(S+V)
Wind blows.(S+V)
Clouds float.(S+V)
第一文型のさわり

 

上記のような2語のみの英文では間違いが起きないのですが、例えば「Blackie runs fast.」の文を、S+V+Oだと勘違いする生徒さんが多いのです。

 

そこで、すららの英語ではS+V+副詞のパターンもタイプ1になると教えます。
第一文型+副詞

 

次に、「Alice lives near the movie theater.」のような文もS+Vの他に沢山単語がくっついているので、どの文型になるのかわからなくなる生徒さんも多いのです。
第一文型+前置詞+名詞

 

そこで、S+V+前置詞+名詞のパターンもタイプ1になると教えます。
near the movie theaterのまとまりは「lives」を飾る言葉という説明です。
第一文型+前置詞+名詞の具体例

 

文型学習のユニットの最後には「S+V+副詞」と「S+V+前置詞+名詞」の2パターンを並べて記載してまとめとしてあります。
第一文型2パターンのまとめ

 

英語が苦手なお子さんは主語、動詞、副詞、前置詞などと言ってもピンとこないことも多いかもしれません。
でも、すららでは英語の品詞についても丁寧に解説がされていますので、順を追って理解してきてこの単元に来ていますので安心です。

 

英語の文型を知ることは、テストに出てくる穴埋め問題、語順並べ替え問題、英作文、長文などを解く手がかりになりますので、とても大切な単元です。
苦手に思っている子は新学期が始まる前にすららで復習して、しっかり自分のものにしておくといいですよ!

 

すららのeラーニングは、講義を聞きっぱなし、受け身の講座ではありません。
説明の途中で、クイズが出てきたり、自分で文を書いてみたりするヶ所がいくつも出てきます。

 

全ての説明が終わった後にもちょっとしたテストがあり、全てクリアにならないと単元が終わったことにならないのでかなり力がつきます!
いっぱい時間のある春休み、夏休みなど新学期前に取り組むと苦手克服に効果的です。

 

すらら

すららに入会する


入会金1万円が無料キャンペーンになるのは、2018年4月1日(日)〜4月30日(月)まで

 

無料で体験もできますので、一度すららの内容を見てみてね♪

 

 


このページの先頭へ戻る